Skip to CONTENTS
クリックで検索パネルを閉じます

ファナック株式會社 (FANUC CORPORATION)

更なる高精度に挑む ロボカット新機能 New!

ファナックは、2021年にワイヤ放電加工機の最新機種ROBOCUT α-CiC seriesをリリースし、本年は各加工分野の需要に応えるために「更なる高精度に挑む」をコンセプトに様々な新機能を開発しました。

プレス金型加工分野では、電気自動車の製造などに使われるモータコア金型を始め、加工精度への要求が年々高くなっています。これらの需要に応えるために、ロボカットでは鋳物構造から見直すことで、機械の剛性を向上し、ピッチ精度と真円度の向上を実現しました。

 

500mmのピッチ加工において±1μmの精度を実現


500mmのピッチ加工において±1μmの精度を実現

※鉄系30mm厚、φ0.20黃銅線、6回加工

                   

φ150mmの真円加工で1.48μmの真円度を実現


φ150mmの真円加工で1.48μmの真円度を実現

※鉄系30mm厚、φ0.20黃銅線、5回加工

 

射出成形金型加工分野では、スライドコア部のテーパ形狀を高精度に加工するために、試加工による煩雑な調整が必要です。ロボカットの「テーパ調整機能」により試加工が不要、調整ブロックと簡単な畫面操作だけで4方向20度までの高精度調整を実現でき、加工準備時間を大幅に短縮することができます。

 

テーパ調整機能

※鉄系50mm厚、φ0.20黃銅線、5回加工

                   

調整例 試加工 テーパ調整機能
調整時間 約1.5日 約25分
加工精度 ±0.01度

 

さらに、金型加工分野と部品加工分野に必要とされている微細形狀の高精度加工を実現するために、新放電裝置SF3と新放電制御iPulse3を活用した「高精度加工條件」を開発しました。放電パラメータの調整が不要で、機械搭載の標準加工條件のみで高精度な形狀加工を実現できます。

 

 

ダイス鋼60mm厚、φ0.20黃銅線、5回加工

※ダイス鋼60mm厚、φ0.20黃銅線、5回加工

                   

標準加工條件で±2μmの加工精度を実現

標準加工條件で±2μmの加工精度を実現

面粗さ:Ra0.26μm

 

ロボカットはこれからも「価格以上の価値」を提供できるよう、進化していきます。

(2022年6月)

 

FANUC ROBOCUT α-CiC series についてはこちらをご覧ください。

久久精品99久久久久久蜜芽tv,久久婷婷五月综合色奶水99啪,久久青青无码亚洲AV黑人,久久人妻AV中文字幕